毛抜きや抜くタイプの脱毛器を使わない方がいいといわれていますが、これは本当なのでしょうか? 結論からいうと、使わない方がいいです。 毛抜きや抜くタイプの脱毛器を使用して脱毛すると、あまりにも刺激が強すぎるため、肌トラブルを引き起こす可能性が高いでしょう。 仮に、そのような方法で脱毛を行った場合、以下のような肌トラブルを起こす可能性があります。 ・埋没毛 ・色素沈着 ・毛嚢炎 埋没毛とは、皮膚の中に毛が埋まってしまい、埋まった毛がそのまま皮膚の中で成長してしまう肌トラブルのことです。 こうなってしまうと、なかなか埋まってしまった毛を抜くことができないので、見た目が悪くなります。 色素沈着は、脱毛部分の色が刺激によって変わってしまう肌トラブルのことです。 他の部位と色が違うので、これも見た目が悪いですね。 毛嚢炎とは、脱毛によって細菌が入り込み、炎症を起こしてしまう肌トラブルをいいます。 ニキビのように痒みや痛みを伴いますので、これが最も深刻でしょう。 こういった肌トラブルを起こす危険がありますから、毛抜きや抜くタイプの脱毛器は使わないことをオススメします。